SiteMap

キャップの便利さについて

緑色の帽子

キャップから想像されるイメージとしては、若者のファションとして、また年配の方の作業用としてイメージされる事が多いと思われます。私の子供達も出掛ける際はキャップを被る事が多く、いつも以上に可愛らしく見えます。私にとっての癒しの一つとなっているのは確かです。年配の方の作業用と言えば、私の実家もそうですが、農作業をする際に頻繁にキャップを被っています。
農作業時のキャップの役割としては、キャップのツバで顔、特に目を守る事になると思われます。私も良く農作業の手伝いをするのですが、農機具を扱う際にはメンテナンス等の為、頻繁に狭い箇所に入る事になります。実際に狭い箇所に入ると必ず頭をぶつけたり、気づいた時には、目の前に障害物が有る事が多々あります。私にとっても農作業時の安全を確保する上で、キャップは必需品となっています。
また、若者にも年配の方にも共通する事ですが、キャップを被る事で素晴らしい利点が有ります。それはキャップを被れば、どの様な髪型でも隠す事が出来る事です。誰にでもある事かもしれませんが、寝坊などして出掛ける迄の時間が無い場合は寝癖を抑える為にキャップでごまかす人も多いと思われます。キャップはファッション性や安全性だけでなく、髪型と言う障害を取り除く事が出来る便利なアイテムなのです。